忍者ブログ
とにかく頂点を目指すブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


第一三共ヘルスケア(東京・中央、井手口盛哉社長)は18日、医薬部外品のドリンク剤「リゲイン24」を発売する。リゲイン発売20年目を記念し、初代と同じ成分を処方した。「ピリッと辛く、コクのある味」を再現したという。
 価格は50ミリリットル入りで294円。リゲイン24の初年度の売り上げ目標は4億円。リゲインシリーズ10製品で19億円を見込んでいる。

【日経ニュースより】

クリスチャンディオール デューン EDT 50ml 【香水】
PR

米景気回復の兆しから米連邦準備理事会(FRB)利下げ観測が後退してしまった可能性があるが、18日から始まる今週の米国株式市場は、好調な企業業績への期待が株式投資意欲を高めると予想されている。
 米企業が年内の業況は明るいものになると示唆すれば、アナリストは下期の収益見通しを引き上げるとみられている。
 フェデレーテッド・インベスターズのシニアバイスプレジデント兼シニアポートフォリオマネジャー、キャロル・ミラー氏によると「米企業決算がわれわれの予想より好調な内容になるだろうが、問題はその程度だ」という。
 ロイター・エスティメーツによるアナリスト予想では、S&P総合500種指数構成銘柄の利益は第3・四半期が前年同期比4.6%増、第4・四半期が同8.4%増となっている。
 第2・四半期末を2週間後に控え、重要経済指標の発表が少ない今週は、企業業績に投資家の関心が集まる見通し。
 米株式市場はこのところの下げから持ち直してきているが、米債券利回りは5%を上回る水準を維持している。
 米債売りをもたらしたのはインフレ上昇懸念だったが、前週発表された5月の米卸売物価指数(PPI)および米消費者物価指数(CPI)は、いずれもコア指数が比較的抑制された数字となり、特にコアCPIは前月比プラス0.1%と市場予想を下回った。
 前週1週間でダウ工業株30種指数は1.6%上昇、S&P総合500種指数が1.7%高、ナスダックが2.1%高だった。
 年初来ではダウは9.44%高、S&Pは8.08%高、ナスダックは8.75%高となっている。
<住宅関連指標に注目>
 今週は、市場の関心が高い住宅関連指標がいくつか発表される。
 18日に発表される全米住宅建設業者協会(NAHB)/ウエルズ・ファーゴの6月の住宅建設業者指数は30と、5月から変わらずとなる見通し。
 19日発表の5月の米住宅着工件数は148万件と、4月の152万8000件から減少する見込み。許可件数は147万1000件と、4月の145万7000件(改定値)から小幅増加すると予想されている。
 ミラー氏は、アナリストは弱い住宅関連指標を織り込み済みと指摘している。
 21日にコンファレンス・ボードが発表する5月の米景気先行指数は前月比プラス0.3%と、4月のマイナス0.5%から改善する見込み。
 同じく21日に発表される6月の米フィラデルフィア地区連銀業況指数はプラス7.0と、5月のプラス4.2から上昇する見通し。 
 <決算は家電小売り>
 企業決算は、19日にベスト・バイ、20日はサーキット・シティー・ストアーズと家電小売りの発表が続く。ベスト・バイは増益、サーキット・シティーは赤字が予想されている。
 20日には、宅配大手のフェデックスや金融のモルガン・スタンレーも決算を発表する。

【ヤフーニュースより】

JCB カード
販売価格(役務の対価) 送料 その他負担すべき金銭(例・「代金引換手数料」など) 代金(対価)の支払時期 商品の引渡時期(権利の移転時期、役務の提供時期) 代金(対価)の支払方法 返品の特約(権利の返還特約)に関する事項(特約がない場合は、ない旨の表示が必要) 事業者の名称(法人の場合)又は氏名(個人事業者の場合) 事業者の住所 事業者の電話番号 法人の場合には、事業者の代表者の氏名又は通信販売業務の責任者の氏名 申込みの有効期限(申込みに有効期限がある場合のみ) 瑕疵責任についての定め(瑕疵責任についての定めがある場合のみ) ※商品の損傷などの場合。 特別の販売条件(販売数量の制限など、特別の販売条件がある場合のみ) 但し、「請求により上記事項を記載した書面を交する、または、電磁的記録を提供する」という趣旨の表示があれば、上記事項の中には省略できるものもある。 また、通信販売業者の広告の中には「通信販売法に基づく表示」等としているものが少なからず見受けられるが、「通信販売法」と言う法律は存在せず、「特定商取引に関する法律」の公的な通称・略称は「特定商取引法」、「特商法」であり、「通信販売法」というのはあくまでも俗称である。 【フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より】 能力アップ


経済産業省が15日発表した4月の第3次産業活動指数(速報、2000年=100、季節調整値)は前月比1.7%上昇し、110.4となった。上昇は2カ月ぶり。情報通信業が9.1%、卸売・小売業が2.9%上昇したのが貢献した。学習支援業は9.4%、金融・保険業は1.2%低下した。

【日経ニュースより】

http://mill03.lepus-df.net
http://mill04.lepus-df.net
http://mill05.lepus-df.net
http://mill06.lepus-df.net
http://mill07.lepus-df.net
http://mill08.lepus-df.net


ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)12日の外国為替市場では、今週発表される米経済指標やインフレ関連統計が待たれるなか、ドルがユーロに対して上昇した。

ニューヨーク市場の取引開始当初からドルはユーロに対してやや上昇し、その後も米国債価格の下落を背景としてさらに上値を伸ばし、ユーロは朝方の取引で2カ月ぶりの安値まで下落した。

一方、米財務省が13日に発表する半年ごとの外国為替報告を控え投資家は様子見を続けたため、ドルは円に対し狭い値幅で上下し、ほぼ横ばいで取引を終えた。

英ポンドだけは、引き続き金利見通しが支援材料となり、ドルに対して上昇した。

主要経済指標の発表がない2日間が過ぎ、投資家は、13日に発表される米国5月の小売売上高の発表を待ち構えている。5月の小売売上高は、4月の前月比0.2%減から0.6%増に反転すると予想されている。

13日の指標発表や15日発表の米国5月の消費者物価指数(CPI)に対する期待感が米国債価格の下落につながり、10年米国債利回りは午前の取引で今年の高水準5.25%を再びつけた。

アナリストのなかには、13日に発表される小売売上高がドルのさらなる上昇につながる可能性が十分あると予想する向きもある。

シティグループの為替ストラテジスト、トーマス・フィッツパトリック氏は、「小売売上高が予想を下回っても、最近急上昇した米金利は反転しないだろう。このため、ドルが上昇するリスクは残るとわれわれはみている」と語った。

一方、財務省が13日に発表する外国為替報告を待ち構える動きから、ドルは円に対して上下する場面もあった。

今回の報告で中国を為替操作国として名指しするとはみられていない。しかし、チャールズ・シューマー上院議員(民主党、ニューヨーク州選出)とリンゼー・グラハム上院議員(共和党、サウスカロライナ州選出)、マックス・ボーカス上院議員(民主党、モンタナ州選出)、チャールズ・グラッスリー上院議員(共和党、アイオワ州選出)が同時に、中国などが自国通貨の価値を下げていると指摘される状況に対応した新法案を提出しており、為替市場はやや神経質になっている。

【ヤフーニュースより】

キャッシング


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索